メニュー

2020年度インフルエンザ予防接種情報

 

 

【持ち物】

 母子手帳、診察券、保険証、医療証 

 接種歴確認の為、母子手帳をご持参下さい。お忘れの場合は接種をお断りさせて頂く場合がございます。

【注意点】

※ 新宿区のインフルエンザ予診票(助成あり)は当院では使用できません。

※ 今年度のフルミストは実施しておりません。

 

【よくあるご質問】

 Q.インフルエンザワクチンは何歳から打てますか?また、赤ちゃんも打ったほうがいいですか

 

  生後6ヶ月から接種が可能です。ただし、卵の成分を含みますので、卵を全く食べたことがない方は、食べてアレルギー反応が出ないことを確認してからの接種をお勧めします。(※早期の卵摂取を勧めるものではありません。離乳食はお子様のご様子をみながら進めてください。)

  生後1歳までは免疫機能が不十分なため、インフルエンザワクチンにおいては抗体が付きにくいとも言われています。まずは周囲の方がワクチンを接種して頂き、身近にウィルスを持ち込まない方が、今年度のインフルエンザ予防には役立つと言えます。

 なお、1歳未満でワクチン接種をしておくと、次年度以降は、抗体がつきやすくなると言われています。これらを総合的に考え、保護者様に接種をご判断いただければと思います。

 

 Q.どの時期にワクチンを打つのが良いですか?

 

  ワクチンが効果を発揮するまでには、接種から2W程かかります。インフルエンザの方と接触してから接種しても、効果は発揮できないということになります。

 また、インフルエンザワクチンの効果は5ヶ月~半年ですので、春先まで流行が続いた場合は、効果が失われてしまうこともあります。

 これらのことから、当院では、10月中旬~12月初旬の接種をお勧めしています。

 

 Q.子供だけで来院しても接種できますか?

  保護者様の付き添いをお願いしています。理由は、接種後にアレルギー反応が出て、処置や投薬が必要になる場合があるためです。また、接種歴やアレルギーの有無、これまでの病歴などを確認するために母子手帳の持参もお願いしています。

 高校生以上の方で保護者の付き添いが難しい場合は、ご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME