メニュー

流行情報:手足口病・ヘルパンギーナ

[2024.07.03]

手足口病・ヘルパンギーナが急増中です。手足口病は口内炎、高熱、手足の発疹を主症状とします。症状のピークは3-4日で過ぎますが、口内炎の痛みで飲食を嫌がったり、発疹が長く続いたりすることがあります。のど越しの良い食べ物や刺激の少ない飲み物を摂りながら、脱水にならないように注意しましょう。登園にあたって治癒証明書が必要な場合が多いです。解熱し、飲食が可能な状態になったら、登園可能です。ただし、園によって発疹があると登園できない場合があるので、詳細は園へご確認ください。

コロナも局所的に流行しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME