メニュー

ワクチン接種のスケジュールその1(生後2カ月スタート時)

[2015.02.20]

お子様をご出産なさったお母様は、お子様が接種するワクチンの多さに驚かれるのではないでしょうか。

何のワクチンを、どの順番で打っていったらよいのか分からない
というご質問を、よくお受けしますので、こちらで簡単にご説明します。

 

★ワクチンは生後2カ月がスタートです★

生後2カ月になったら、なるべく早くワクチン接種を開始しましょう。

生後2カ月時に接種するワクチンは『 ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタ 』  の4種類です。

このうち、ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎は定期接種となっており、区からご自宅へ予診票が送られてきます。

この予診票をお持ちいただければ、無料で接種可能です。

ロタは任意接種と呼ばれ、保護者の方が接種するかどうかを選択していただくワクチンです。豊島区の方は、区の一部助成があります。

各ワクチンの詳細については、ワクチンページでご確認ください。

 

多くの方は4種類のワクチンを同時に接種する方法(同時接種)を選択されますが、4種類は多いかなぁとお考えの場合、2種類ずつに分けて接種することも可能です。
この場合は、まず、ヒブと肺炎球菌を接種し、1週間後にB型肝炎とロタを接種するとスムーズです。

・・・→ ワクチン接種のスケジュール2(生後3か月時)に続きます

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME